埼玉県立病院(4施設)

基本情報

住所 さいたま市浦和区高砂3-13-3
形態1 公的病院
形態2 急性期 慢性期 回復期
診療科目 内科 精神科・神経科 呼吸器科・循環器科 消化器科 小児科 外科 整形外科・形成外科 脳神経外科 産科・婦人科 人工透析内科 リハビリテーション科 その他

埼玉県では、高度・専門・特殊医療を担う4病院を運営しています。

●埼玉県立循環器・呼吸器病センター(熊谷市)
●埼玉県立がんセンター(伊奈町)
●埼玉県立小児医療センター(さいたま市中央区)
●埼玉県立精神医療センター(伊奈町)

県立病院のうち、循環器・呼吸器病センター、がんセンター、小児医療センター、精神医療センターの4病院は、地方独立行政法人への移行に向けて準備を進めています。

埼玉県立病院は、がんセンター新病院開設、小児医療センター移転・新病院開設、循環器・呼吸器病センター新館棟増築などを進め、充実した医療体制により新たなステージを迎えました。

県立病院は、ともに歩んでいく看護師を求めています。
躍進する埼玉県立病院で、あなたの看護を育てて、咲かせていきませんか。

採用・待遇

募集職種 看護師
応募資格 採用時59歳以下であること。
看護師の免許を取得している又は採用までに取得見込みであること。
採用人数 150 名
選考方法 作文試験、適性試験、人物試験
必要書類 県所定の履歴書(埼玉県ホームページよりダウンロード可)
初任給(モデル月収例) ●大学卒(4年制)
月給 314,000円(うち手当57,000円)
年収 493万円
●専門学校卒(3年制)
月給 307,000円(うち手当56,000円)
年収 482万円
●専攻科卒(2年制)
月給 295,000円(うち手当55,000円)
年収 463万円
※手当は、夜勤手当(月4回)、時間外勤務手当(月8時間)です。
※上記は、看護師養成校卒業後すぐに採用された場合の給与です。看護師として経歴がある場合は、経歴に応じた額が加算されることがあります。
※2020年4月1日現在
初任給(基本給のみ) ●大学卒(4年制):基本給257,000円
●専門学校卒(3年制):基本給251,000円
●専攻科卒(2年制):基本給240,000円
※2020年4月1日現在
その他の諸手当 扶養手当、住居手当、通勤手当
昇給・賞与 昇給:年1回
期末・勤勉手当:年2回/年間4.50月(2019年度実績)
勤務地 埼玉県立循環器・呼吸器病センター(熊谷市)
埼玉県立がんセンター(伊奈町)
埼玉県立小児医療センター(さいたま市中央区)
埼玉県立精神医療センター(伊奈町)
勤務形態 3交代 2交代
休日・休暇制度 4週8休制・休日年間120日
年次休暇/年間20日間(4月1日採用の新規採用職員の最初の年は15日)
特別休暇/夏季休暇5日、結婚休暇7日、出産休暇、リフレッシュ休暇3日ほか
福利厚生 看護宿舎 保育施設 被服貸与 退職金制度
加入保険制度 地方職員共済組合(健康保険・厚生年金保険)
奨学金制度 なし
退職金制度 勤続6か月以上で支給
保育施設 かりよん保育園(小児医療センター)、もりの保育園(がんセンター、精神医療センター)
研修制度・教育制度 プリセプター制度 ラダー(階層別)制度 認定・専門看護師取得支援 院外研修
専門・認定看護師の就業状況 専門看護師:9名
認定看護師:66名
精神科認定看護師:11名
採用実績校 全国各地の看護師養成校から採用実績あり
平均勤続年数 10.0 年
平均有給休暇取得日数 16.8 日
育休対象者・育休取得率 女性56/56・100% 男性2/11・18%%

埼玉県立がんセンターさん

職 種
看護師
職 歴
0年
診療科目
血液内科、乳腺腫瘍内科、乳腺外科、緩和ケア科、精神腫瘍科、消化器内科、内視鏡科、消化器外科、呼吸器内科、胸部外科、脳神経外科、整形外科、形成外科、婦人科、頭頸部外科、皮膚科、泌尿器科、歯科口腔外科ほか

高度先進がん医療に基づく、専門的知識・技術に支えられた“心のこもった看護”を実践しています

 埼玉県民のがん克服の期待を担い、昭和50年の開設以来、数度にわたる増床を経て、平成25年12月に503床へと増床し、埼玉県のがん医療の中核病院として貢献してきました。
 平成20年には「都道府県がん診療連携拠点病院」の指定を受け、県内12か所の「地域がん診療連携拠点病院」および13か所の「埼玉県がん診療指定病院」とともに地域の医療機関と連携して県内のがん医療の向上と均てん化を図っています。

 がんセンターはがん治療の3つの柱である手術・放射線・化学療法など先進のがん医療の提供と緩和ケアの提供を進めています。手術支援ロボット「ダ・ヴィンチ」の導入、PET-CTの導入、高精度放射線治療、治験、臨床試験で進む新規化学療法・治療法の開発・導入、「がんゲノム医療」などの推進に力を入れております。

埼玉県立小児医療センターさん

職 種
看護師
職 歴
0年
診療科目
小児科、精神科、アレルギー科、整形外科、形成外科、脳神経外科、心臓血管外科、小児外科、移植外科、皮膚科、泌尿器科、眼科、耳鼻咽喉科、リハビリテーション科、放射線科、小児歯科、麻酔科、病理診断科ほか

子どもの命の重さを実感しながら、最善の看護を目指しています

 「For the future for the children -子どもたちの未来は私たちの未来-」を理念に開設された小児専門の三次医療機関です。
 診療科には内科系・外科系の各科をはじめ、遺伝科、精神科、放射線科、病理診断科、保健発達部などがあり、総合医療施設として小児のあらゆる疾患に対応し、埼玉県内における小児医療の最後の砦として、救急疾患や複合疾患のある患者さんの診療にあたっています。

 平成25年には「小児がん拠点病院」に全国15施設の1つとして指定されました。同年に「地域連携・相談支援センター」を院内に新設し、地域医療機関と連携しながら患者さんと家族が安心して適切な医療が受けられる環境を整備しています。
 平成28年度にはさいたま新都心へ移転し、周産期医療体制の整備、救急医療体制の充実を目的とし総合周産期母子医療センター・小児救命救急センターを開設しました。

埼玉県立循環器・呼吸器病センターさん

職 種
看護師
職 歴
0年
診療科目
呼吸器内科、緩和ケア科、循環器内科、腎臓内科、呼吸器外科、消化器外科、心臓外科、血管外科、脳神経外科、リハビリテーション科、放射線科、病理診断科、麻酔科

高度急性期医療から在宅へ その人らしさを大切にする看護を提供しています

 当センターは結核療養所として設立され、その後循環器系及び呼吸器系疾患部門の充実を図り、平成10年に「埼玉県立循環器・呼吸器病センター」として再スタートしました。
 平成29年3月には、呼吸器系疾患の病棟を中心に緩和ケア病棟やハイブリッド手術室なども備えた新館棟を開設し、平成31年4月からは、脳血管診療体制の強化を図るため、脳神経センターを開設するなど、さらなる機能の充実を図っています。

埼玉県立精神医療センターさん

職 種
看護師
職 歴
0年
診療科目
精神科、児童・思春期精神科、内科、外科、小児科、歯科

「チーム精神医療センター」を目指して

 精神医療センターは、埼玉県唯一の県立精神科病院としての役割を果たすべく、精神科の24時間救急、依存症対策、児童思春期への対応及び医療観察法病棟の設置等により、民間では治療困難、処遇困難な精神疾患患者を多く受け入れています。そして、医師、看護師、精神保健福祉士、心理士及び作業療法士等で構成された、多職種チーム医療による「チーム精神医療センター」として、職員全体が奮闘しています。

 精神領域の看護実践の成果は、他領域と比べると見えにくく、やりがいを感じることが難しいことも多いですが、チーム医療の実践により、自分ひとりの力は微力ですが決して無力ではないことを実感することができます。そして、精神医療センターでは、精神医療の最前線で、自己変革のためのたゆまぬ研鑽を積みながら、看護師として、そして何より一人の人間としての成長を目指すことができます。